<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 中央検査部
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  4 2  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎二村梓: 日常検査におけるLBC法の運用-良い点と注意すべき点ー
「子宮内膜」.  第73回細胞検査士教育セミナー,  横浜、日本,  2017/08
2. ◎上野敦子, 鈴木豪, 小原義宏, 大沢奈津子, 蛭田正子, 猪飼哲夫, 萩原誠久: 心不全患者の心臓リハビリテーション実施に関わる3検査の検討.  第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  岐阜市,  2017/07
3. 服部元史, 堀田茂, 田邉一成, 石田英樹, 奥見雅由, ◎勝馬愛, 中田泰之, 山本泉, 横尾隆, 山口裕: 腎移植におけるde novo membranous nephropathy stage 0.  移植腎病理研究会 第21回学術集会,  名古屋,  2017/07
4. ◎二村梓: スライドセミナー
8.子宮体部(LBCも有).  第58回日本臨床細胞学会総会・春期大会,  大阪市,日本,  2017/05
5. ◎二村梓,平井康夫,岡田薫子,秋澤叔香,木原真紀,石谷 健,長嶋洋治,則松良明,矢納研二,松井英雄: 液状化検体細胞診(LBC)の新検体適正基準における診断精度とATEC細胞像の特徴.  第58回日本臨床細胞学会総会・春期大会,  大阪市,日本,  2017/05
6. ◎村上佳織, 金室俊子, 野並裕司, 高橋伸治, 白石彩, 橋本哲也, 廣井敦子, 山本智子, 澤田達男, 長嶋洋治: 鼻腔に発生したglomangiopericytomaの一例.  第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会),  大阪,  2017/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者