<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 卒後臨床研修センター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 0  0 0 0 0  1 1  0 1  4 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. 長嶋洋治*、山本彩、中島怜子, 森田賢, 福田洋典、高木敏男、近藤恒徳:  腎細胞癌病理分類の変遷とWHO2016の改訂点.  画像診断  37 (14) :1427-1438 , 2017.12
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Marie Uchida, Yuka Shirai, Jin Yoshihiro, Yoshizawa Hiroshi, Masatoshi Kawana, Kazuo Kitagawa: A case of Tolosa-Hunt syndrome presenting bilateral cranial nerve palsy which MRI findings were not typical.  ACPJapan2017,  Kyoto,  2017/06
2. ◎林 怡嫻, 深田智子, 井出理沙, 神尾孝子, 尾崎 眞, 野村 実: 周術期低血糖が遷延した1型糖尿病の症例.  第357回東京女子医科大学学会例会,  新宿,  2018/02
3. ◎程路, 関口治樹, 輪島京, 野村新, 鈴木敦, 芹澤直紀, 新井光太郎, 宇都健太, 芦原京美, 村崎かがり, 志賀剛, 萩原誠久, 齋藤聡, 山崎健二, 福島賢慈, 長尾充展: 短期間で僧房弁に腫瘤を形成し、摘出術に成功した脳梗塞既往がある透析患者の一例.  第244回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京都千代田区,  2017/06
4. ◎岡野まり子, 金子裕貴, 鶴田敏久, 千葉幸英, 木原祐希, 藍原康雄, 林基弘, 川俣貴一, 永田智: 退形成性上衣腫の多発転移に急性リンパ性白血病を合併した女児例.  第357回東京女子医科大学学会例会,  東京,  2018/02
5. ◎森島直子, 佐藤友哉, 竹下暁子, 平澤恭子, 永田智: 乳児期後期に進行を認めた出血後水頭症2例.  第357回東京女子医科大学学会例会,  東京,  2018/02
6. ◎山岸沙衣, 大谷ゆい, 伊藤進, 白倉茉由子, 元榮薫子, 中務秀嗣, 竹下暁子, 平澤恭子, 安達みちる, 榊原みゆき, 猪子香代, 小国弘量, 永田智: 四肢の震えと歩行困難を主徴とし転換性障害と診断した13歳女子.  第51回東京女子医科大学・神経懇話会,  東京,  2018/01
7. ◎原由理子, 谷公孝, 小川真平, 板橋道朗, 大木岳志, 松尾夏来, 前田文, 中尾紗由美, 時任史聡, 井上雄志, 山本雅一: 急激に敗血症ショックを来したフルニエ症候群の1例.  日本消化器病学会関東支部第345回例会,  東京,  2017/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者