<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 放射線腫瘍科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   唐澤 久美子
   西尾 禎治
   秋元 哲夫
講師:
   橋本 弥一郎
助教:
   泉 佐知子
   河野 佐和
   寅松 千枝
   中村 香織
   松原 礼明
   村松 博之
   恒田 雅人
■ 概要
1.特徴
放射線腫瘍学は外科腫瘍学や内科腫瘍学と同様に、臨床腫瘍学の一分野であることから、ただ単にがんの放射線治療を行う放射線治療医(Radiation Therapist)で満足することなく、がんの予防学、癌の分子生物学、腫瘍病理学、腫瘍画像診断学などを理解した上で、放射線治療を武器として治療にあたる放射線腫瘍医 (Radiation Oncologist)たらんと研鑚を積んでいます。放射線治療は手術、化学療法と並ぶがん治療の三本柱の一つですが、機能温存の面で優れており、放射線治療に対する期待は、年々増加しています。放射線腫瘍学講座はわが国の放射線治療をリードしている講座の一つであり、これまでも指導的役割を果たしてきましたが、放射線腫瘍医の数はまだまだ不足しており放射線腫瘍医の育成にも力を入れています。
2.放射線治療の対象疾患
放射線治療に主体をおいて年間約900人の悪性腫瘍患者の治療を行っています。主な対象疾患は、頭頸部癌、食道癌、乳癌、子宮頸部癌、脳腫瘍、悪性リンパ腫、肺癌、前立腺癌などの悪性腫瘍で、一部の良性疾患(ケロイドなど) に対する放射線治療も行っています。特に神経膠腫や小児脳腫瘍に対する放射線治療の患者数は日本で最多を誇っています。これらの疾患の根治治療に加えて脳転移や骨転移などのがんの症状緩和の治療も行っています。また、前立腺腫瘍センターを設立して、泌尿器科、病理科とともに全例を検討した上で治療方針を決定しています。
3.当科に設置されている放射線治療関連装置
・CTシミュレータ:1台
・X線シミュレータ:1台
・高精度放射線治療用ライナック:3台
(体幹部定位照射(SRS・SRT)や強度変調放射線治療(IMRT)対応:3台.うち1台は画像支援放射線治療(IGRT)にも対応)
・密封小線源治療装置:2台
 (高線量率Ir-192線源用治療装置:1台、密封小線源永久挿入用治療装置:1台)
・治療計画装置:4種類
4.当科で施行している高精度放射線治療
定位放射線治療(肺癌)
強度変調放射線治療(頭頸部癌、前立腺癌)
画像誘導放射線治療(前立腺癌)
放射性ヨウ素永久挿入術( 前立腺癌)
5.放射線腫瘍学に関する研究(大学院)
1.難治性腫瘍に対する集学的治療法の開発
  難治性腫瘍を対象に、正常組織への照射線量を減少させつつ腫瘍組織の線量集中性を高めることや腫瘍の存在部位の判定の精度を上げることで局所制御率を向上させる放射線治療法の確立を目指すとともに、生物学的手法によって分子生物学的薬など最適な薬剤の種類やその併用のタイミングについて研究している。
2.高エネルギーX線を用いた高精度放射線治療法に関する研究
  インバースプランを用いて線量計算を行い、作り上げた放射線治療計画をコンピュータ制御下にマルチリーフコリメーターを駆動させ、正常組織への照射線量を減少させ、腫瘍組織に線量を集中させて局所制御率を向上させる強度変調照射法の確立と発展をめざして、基礎的ならびに臨床的研究を行い、この治療法の対象疾患ならびにその至適な線量分割と治療計画の方法について物理的・生物学的アプローチで研究している。
3.時間軸を考慮した4次元高精度放射線治療法の開発
  強度変調放射線治療や体幹部定位放射線治療などの高精度放射線治療は、治療精度が高いゆえに呼吸性移動や臓器移動の影響を強く受けてしまう。まずは、時間軸を加味した4次元放射線治療計画法による臓器移動を考慮した線量分布作成法を開発し、この治療法の臨床応用に向けて開発研究をしている。
4.放射線感受性の決定に関わる分子標的の探索
  がんの個別化放射線治療に向けて、腫瘍組織ならびに正常組織の放射線感受性を決定している分子を明らかにすべく、分子生物学的手法を用いて基礎研究を行っている。また、放射線による遅発性有害事象発症の一因である血流障害の分子生物学的メカニズムを解明し、有害事象に対する治療法の開発を目指している。
5.遅発性放射線有害事象の発症メカニズムについての基礎的検討と治療法の開発
  放射線治療の局所制御率の向上を図るためには照射線量を増加させることが必要である。しかし、線量を増加すると遅発性放射線有害事象が問題となる。そこで遅発性放射線有害事象の発症メカニズムを基礎的に明らかにし、予防策を開発すべく研究を行っている。
6.専門医
日本医学放射線学会放射線科専門医、放射線治療専門医(日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会共同認定)、がん治療認定医
7.ホームページ
東京女子医科大学大学院医学研究科放射線腫瘍学分野
のホームページもご覧ください。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 1 2 2 9  0 2 0 1  1 7  4 4  3 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Y. Ayyad, J. Lee, A. Tamii, J. A. Lay, A. O. Macchiavelli, N. Aoi, B. A. Brown, H. Fujita, Y. Fujita, E. Ganioglu, K. Hatanaka, T. Hashimoto, T. Ito, T. Kawabata, Z. Li, H. Liu, H. Matsubara, K. Miki, H. J. Ong, G. Potel, I. Sugai1, G. Susoy, A. Vitturi, H. D. Watanabe, N. Yokota, and J. Zenihiro:  Investigating neutron-proton pairing in sd-shell nuclei via (p,3He) and (3He,p) transfer reactions.  Physical Review C  96 :021303(R) , 2017.8
2. S. Nakamura, A. Wakita, M. Ito, H. Okamoto, S. Nishioka, K. Iijima, K. Kobayashi, T. Nishio, H. Igaki, J. Itami:  Modeling the detection efficiency of HP-Ge detector for use in boron neutron capture therapy.  Applied Radiation and Isotopes  125 :80-85 , 2017.7
3. Yaichiro Hashimoto*, Atsushi Motegi, Tetsuo Akimoto, Norio Mitsuhashi,Junpei Iizuka, Kazunari Tanabe, Yuka Ishii, Sawa Kono, Sachiko Izumi, Kumiko Karasawa:  The 5-year outcomes of moderately hypofractionated radiotherapy (66Gy in 22 fractions, 3 fractions per week) for localized prostate cancer: a retrospective study.  International Journal of Clinical Oncology  :1-8 , 2017.7 Link
4. J. Birkhan, M. Miorelli, S. Bacca, S. Bassauer, C.A. Bertulani, G. Hagen, H. Matsubara, P. von Neumann-Cosel*, T. Papenbrock, N. Pietralla, V. Yu. Ponomarev, A. Richter, A. Schwenk, and A. Tamii:  Electric Dipole Polarizability of 48Ca and Implications for the Neutron Skin.  Physical review letters  118 :252501 , 2017.7
5. 松原礼明:  東京女子医科大学病院における放射線治療品質管理室の設置について.  臨床放射線  62 (5) :743-747 , 2017.5
6. Hiromichi Ishiyama, Nobuhiko Kamitani, Hidemasa Kawamura, Shingo Kato,Manabu Aoki, Shinji Kariya, Taisei Matsumura, Motoki Kaidu, Ken Yoshida, Yaichiro Hashimoto, Yasutaka Noda, Keith H.C. Lim, Takatsugu Kawase, Takeo Takahashi, Koji Inaba15, Motoyasu Kumano, Nobuhiko Yoshikawa, Yasuo Yoshioka, Katsumasa Nakamura, Junichi Hiratsuka, Jun Itami, Kazushige Hayakawa:  Nationwide multi-institutional retrospective analysis of high-dose-rate brachytherapy combined with external beam radiotherapy for localized prostate cancer: An Asian Prostate HDR-BT Consortium.  Brachytherapy  16 (3) :503-510 , 2017.5
7. M. Mathy, J. Birkhan, H. Matsubara, P. von Neumann-Cosel*, N. Pietralla, V. Yu. Ponomarev, A. Richter, and A. Tamii:  Search for weak M1 transitions in 48Ca with inelastic proton scattering.  Physical Review C  95 (5) :054316 , 2017.5
8. Kadoya Noriyuki, Karasawa Kumiko, Sumida Iori, Arimura Hidetaka, Kakinohana Yasumasa, Kabuki Shigeto, Monzen Hajime, Nishio Teiji, Shirato Hiroki, Yamada Syogo:  Educational outcomes of a medical physicist program over the past 10 years in Japan.  Journal of radiation research  :1-6 , 2017.4
9. R. Kohno, K. Hotta, T. Dohmae, Y. Matsuzaki, T. Nishio, T. Akimoto, T. Tachikawa, T. Asaba, J. Inoue, T. Ochi, M. Yamada, H. Miyanaga:  Development of Continuous Line Scanning System Prototype for Proton Beam Therapy.  International Journal of Particle Therapy  3 (4) :429-438 , 2017
10. D. Kawahara, S. Ozawa, T. Kimura, A. Saito, T. Nishio, T. Nakashima, Y. Ohno, Y. Murakami, Y. Nagata:  Marginal prescription equivalent to the isocenter prescription in lung stereotactic body radiotherapy: preliminary study for Japan Clinical Oncology Group trial (JCOG1408).  Journal of Radiation Research  58 (1) :149-154 , 2017
全件表示(11件)
総説及び解説
1. 唐澤久美子, 橋本弥一郎, 河野佐和:  晩発性放射線有害事象.  日本臨床  75 (8) :1278-1283 , 2017.8
症例報告
1. Hashimoto Yaichiro:  Intensity-modulated radiation therapy for small cell carcinoma of the prostate: A case report.  Reports of Practical Oncology & RAdiotherapy  22 (5) :349-353 , 2017.9 Link
ページの先頭へ
■ 著書
1. 唐澤久美子, 赤木由紀夫, 服部有希子, 篠藤誠, 市原隆, 津田孝治, 加治屋より子, 土井啓至, 川口直人, 浅野雄大, 富家未来, 寺村易予, 河原愛子, 横内順一, 小野麻美:  特集 高精度化学放射線療法の治療成績と有害事象.  臨床放射線  9号.  金原出版,  日本, 2017.9
2. 大西洋、唐澤久美子、唐澤克之編著:  がん・放射線治療法2017−陽子線の線量測定と治療計画.  がん・放射線治療法2017−陽子線の線量測定と治療計画  287-291.  篠原出版新社,  日本, 2017.7
3. NISHIO Teiji, NISHIO Aya:    Image-Based Computer-Assisted Radiation Therapy - Visualization of dose distribution for proton.  319-354.  Springer,  Singapore, 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Hiroaki Matsubara, Karasawa Kumiko, Wataru Furuichi, Mitsuhi Wakaisami, Shintaro Shiba, Masaru
Wakatsuki, Tokuhiko Omatsu, Taku Inaniwa, Shigekazu Fukuda, Tadashi Kamada: Is scanning irradiation method always better? : case of carbon-ion radiotherapy on breast cancer.  ASTRO 59th,  San Diego, the United States,  2017/09
2. @Karasawa Kumiko, Omatsu Tokuhiko, Fukuda Shigekazu, Okonogi Noriyuki, Kamada Tadashi: Four years experience and future plan of carbon-ion radiotherapy for breast cancer.  ASTRO's 59th Annual Meeting,  San Diego(America),  2017/09
3. hashimoto yaichiro, ishii yuka, kono sawa, izumi sachiko, iizuka junpei, karasawa kumiko: The 5-year outcomes of moderately hypofractionated radiotherapy for localized prostate cancer.  the Annual Meeting Program Committee of the American Society for Radiation Oncology (ASTRO),  San Diego, California USA,  2017/09
4. ishii yuka, hashimoto yaichiro, kono sawa, izumi sachiko, iizuka junpei, karasawa kumiko: High dose rate brachytherapy with hypofractionated external beam radiotherapy for high-risk prostate cancer.  the Annual Meeting Program Committee of the American Society for Radiation Oncology (ASTRO),  San Diego, California USA,  2017/09
5. M. Tsuneda, T. Nishio, A. Saito, S. Tanaka, T. Suzuki, D. Kawahara, K. Hioki, Y. Ochi, T. Okumura, S. Ozawa, K. Karasawa, Y. Nagata: Kompeito-Shot: Development of a Novel Verification System for 3D/4D Beam Alignment.  AAPM 59 Annual Meeting,  Denver, USA,  2017/07
6. E. Shiba, A. Saito, M. Tsuneda, M. Furumi, K. Yahara, T. Ohguri, Y. Murakami, T. Nishio, K. Korogi, Y. Nagata: Prediction of Gamma-Passing Rate Based On Dose Uncertainty Accumulation Model for IMRT.  AAPM 59 Annual Meeting,  Denver, USA,  2017/07
7. ◎Matsubara Hiroaki, Karasawa Kumiko: Superior irradiation method of carbon-ion therapy on breast cancer: passive or scanning irradiation?.  PTCOG56,  Yokohama, Japan,  2017/05
8. ◎唐澤久美子: 医学物理教育コースの現状.  第76回日本医学放射線学会総会,  日本(神奈川),  2017/04
9. 松原礼明, Cécile Bopp, 福岡美代子, 羽生裕二, 唐澤久美子, 片岡淳, 古場裕介, 正宗賢, 松藤成弘, 西尾禎治 、大田晋輔, 辻野賢治: 重粒子線治療に特化した生体内用小型シンチレータ線量計開発の進捗.  日本放射線腫瘍学会 第30回学術大会,  大阪,  2017/11
10. hashimotoyaichiro, kawanishimiki, ishiiyuka, konosawa, izumisachiko, yamamotomasakazu, karasawakumiko: 局所進行膵癌に対するTS-1併用化学放射線療法の治療成績.  第55回 癌治療学会,  横浜, 日本,  2017/10
全件表示(20件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者