<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 総合診療科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   川名 正敏
   生坂 政臣
准教授:
   片井 みゆき
   島本 健
   村崎 かがり
講師:
   志賀 智子
助教:
   稲葉 佑介
   近藤 奈々絵
   佐藤 眞理子
   村上 祐子
■ 概要
総合診療科
総合診療科は、総合外来センターで①どの診療科が担当するか不明の病態、②感冒、胃腸炎など日常疾患に対応する外来専門の診療科です。多くの場合は数回の診療で終了しますが、他科への橋渡しなども行います。
多彩な症状に対応し、軽症から重症まで診療しています。
研修医、医学部生(クリニカルクラークシップ)などに対し、貴重な外来研修となっています。
将来、家庭医や病院での総合医、大学での教育スタッフを目指す医師を養成しています。
研究面では症例を掘り下げた症例報告、観察研究、医学教育に関係したことを行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  0 0  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Takahashi Eri, Unoki-Kubota Hiroyuki, Shimizu Yukiko, Okamura Tadashi, Iwata Wakiko, Kajio Hiroshi, Yamamoto-Honda Ritsuko, Shiga Tomoko, Yamashita Shigeo, Tobe Kazuyuki, Okumura Akinori, Matsumoto Michihiro, Yasuda Kazuki, Noda Mitsuhiko, Kaburagi Yasushi*:  Proteomic analysis of serum biomarkers for prediabetes using the Long-Evans Agouti rat, a spontaneous animal model of type 2 diabetes mellitus.  Journal of diabetes investigation  8 (5) :661-671 , 2017.9
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Marie Uchida, Yuka Shirai, Jin Yoshihiro, Yoshizawa Hiroshi, Masatoshi Kawana, Kazuo Kitagawa: A case of Tolosa-Hunt syndrome presenting bilateral cranial nerve palsy which MRI findings were not typical.  ACPJapan2017,  Kyoto,  2017/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者