<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 血液浄化療法科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   土谷 健
准教授:
   花房 規男
講師:
   岡野 一祥
助教:
   三和 奈穂子
   亀井 大悟
   田中 伸枝
   塚田 三佐緒
■ 概要
血液浄化療法科
血液浄化療法科の歴史は1972年10月大田和夫現名誉教授による人工腎センター開設にさかのぼることができます。1997年4月腎臓病総合医療センター血液浄化部門として独立、阿岸鉄三名誉教授が部門長へ就任され、2001年1月には秋葉隆教授が第二代教授に就任、2003年4月血液浄化部門から血液浄化療法科へ昇格、2016年4月に土谷が第三代教授に就任、センターの要としての役割を通じて、センター全体の発展に寄与していく所存です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 25 2 1 14  0 2 0 0  8 44  0 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Nitta Kosaku, Yajima Aiji, Tsuchiya Ken:  Management of Osteoporosis in Chronic Kidney Disease.  Internal Medicine  56 (24) :3271-3276 , 2017.12
2. Nitta Kosaku, Yajima Aiji, Tsuchiya Ken:  Managemento of Osteoporosis in Chronic Kidney Disease.  Internal Medicine  :online , 2017.10
3. 村上淳, 日吉麻由美, 石森勇, 金子岩和, 木全直樹, 峰島三千男, 土谷健:  電解質分析装置を用いた透析液濃度確認法の検討.  腎と透析  83 :171-173 , 2017.9
4. 瀧澤亜由美, 鈴木万恭子, 宮尾亜矢子, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 木全直樹, 花房規男, 峰島三千男, 土谷健, 新田孝作:  37mmクオリティモニタを用いた膜濾過法におけるM-TGE液体培地とR2液体培地による透析関連液の生菌数測定の比較検討.  腎と透析  Vol.83 (別冊) :227-229 , 2017.9
5. Nitta Kosaku, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken:  Frailty and mortality among dialysis patients.  Renal Replacement Therapy  3 (41) :online , 2017.9
6. 浅宮有香理, 大坪茂, 菊地勘, 土谷健, 新田孝作:  血液透析患者における新たな血管石灰化因子に関する研究.  日本透析医学会雑誌  32 (2) :340-345 , 2017.8
7. Hoshino Yoshie, Moriyama Takahito, Uchida Keiko, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Comparison of oral steroids with tonsillectomy plus steroid pulse therapy in patients with IgA nephropathy.  Clinical and experimental nephrology  21 (4) :617-623 , 2017.8
8. Hasegawa Takeshi, Zhao Junhui, Fuller Douglas S, Bieber Brian, Zee Jarcy, Morgenstern Hal, Hanafusa Norio, Nangaku Masaomi:  Erythropoietin Hyporesponsiveness in Dialysis Patients: Possible Role of Statins.  American journal of nephrology  46 (1) :11-17 , 2017.7
9. Kamei Daigo, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Mineshima Michio, Akiba Takashi:  Association between resistance to erythropoiesis-stimulating agents and carnitine profile in patients on maintenance hemodialysis.  Nephrology (Carlton, Vic.)  :online , 2017.6
10. Hanafusa Norio, Yamamoto Hiroko, Tamachi Masaki, Torato Toshihiro, Sakurai Satoko, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Nangaku Masaomi:  Efficacy of Substance Removal by Immunoadsorption With a Selective Plasma Separator.  Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy  21 (3) :218-225 , 2017.6
全件表示(14件)
総説及び解説
1. 花房規男, 桃木久美子:  【腎障害患者に対する抗がん薬治療】抗がん薬投与後の腎機能評価法・早期指標マーカー.  腎と透析  83 (5) :701-708 , 2017.10
2. Ito Tetsuya, Hanafusa Norio:  CART: Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy against malignancy-related ascites.  Transfusion and apheresis science : official journal of the World Apheresis Association : official journal of the European Society for Haemapheresis  56 (5) :703-707 , 2017.10
3. 花房規男:  【AKI診療の進歩2017】急性血液浄化 終了基準.  腎と透析  83 (3) :381-385 , 2017.9
4. 花房規男:  【低血圧、フレイル・・非透析患者とココが違う 透析患者の合併症ビジュアル図鑑10】心不全・不整脈.  透析ケア  23 (9) :820-823 , 2017.9
5. Hanafusa Norio, Lodebo Bereket Tessema, Shah Anuja, Kopple Joel D:  Is There a Role for Diaphoresis Therapy for Advanced Chronic Kidney Disease Patients?.  Journal of renal nutrition : the official journal of the Council on Renal Nutrition of the National Kidney Foundation  27 (5) :295-302 , 2017.9
6. 廣谷紗千子, 土谷健:  【腎泌尿器疾患の画像診断の進歩】バスキュラーアクセスに対するエコー.  腎臓内科・泌尿器科  6 (1) :24-29 , 2017.7
7. 鶴田悠木, 佐々木裕子, 板橋美津世, 武井卓, 土谷健, 新田孝作:  フェブキソスタットが血液透析患者の血管内皮機能に与える影響.  痛風と核酸代謝  41 (1) :33-34 , 2017.7
8. 花房規男:  【予後改善を目指した透析医療】生命予後に影響するASO/PADへの対策はこうする.  臨床透析  33 (8) :1139-1146 , 2017.7
9. Hanafusa Norio, Lodebo Bereket Tessema, Kopple Joel D:  Current Uses of Dietary Therapy for Patients with Far-Advanced CKD.  Clinical journal of the American Society of Nephrology : CJASN  12 (7) :1190-1195 , 2017.7
10. 三和奈穂子, 土谷健:  【身近な不摂生と腎障害】【各論 生活スタイル】透析患者の不摂生 食べすぎ・飲みすぎ要注意.  腎と透析  82 (6) :845-850 , 2017.6
全件表示(23件)
症例報告
1. Nasu Kahori, Hanafusa Norio, Nangaku Masaomi:  Selective plasma exchange can reduce auto-antibodies in patients with bullous pemphigoid without affecting factor XIII and fibrinogen.  Journal of clinical apheresis  32 (6) :589-591 , 2017.12
その他
1. 神山 貴弘, 花房 規男:  【水・電解質異常 体内恒常性の維持にまつわる温故知新】 セミナー 最新の実地診療のポイント整理と活用 高カリウム血症の病態と鑑別.  Medical Practice  34 (11) :1805-1809 , 2017.11
2. 花房 規男:  【透析患者向け治療食の最先端】 三大栄養素の重要性 消化・吸収・代謝および各種ビタミンの働き.  臨床透析  33 (12) :1537-1546 , 2017.11
3. 花房 規男:  【透析療法のNew Concept-各種ガイドラインに基づく診療のポイント】 透析導入基準の考え方.  臨床泌尿器科  71 (11) :880-885 , 2017.10
ページの先頭へ
■ 著書
1. 亀井 大悟:  【病態生理から合併症までまるっとわかる! 腎臓・透析療法・透析患者の体イラスト図鑑】(第3章)透析患者の体の変化 維持透析患者によくみられる変化 不整脈を起こす.  透析ケア  202-205.  (株)メディカ出版,  日本, 2017.6
2. 亀井 大悟, 土谷 健:  【創造する透析医療-新たなmodalityへの期待と課題】 Intermittent Infusion Hemodiafiltration(I-HDF;間歇補充型血液濾過透析)による透析合併症軽減への期待.  臨床透析  624-625.  (株)日本メディカルセンター,  日本, 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Nitta Kosaku, Tsuchiya Ken: Serum Sclerostin Level Is an Independent Predictor of Short-Term Mortality in Maintenance Hemodialysis Patients.  ASN Kidney Week 2017,  New Orieans, USA,  2017/11
2. ◎安部貴之, 鈴木聡, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 花房規男, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: 透析で事故を起こさないために!
~血液浄化療法現場のどこに人間工学を応用すべきか~.  第44回日本血液浄化技術学会学術大会・総会,  東京,  2017/04
3. ◎三上勇人, 亀井大悟, 高木敏男, 近藤恒徳, 石田英樹, 田邉一成, 山本智子, 長嶋洋治, 永野正史, 塚田三佐緒, 三和奈穂子, 新田孝作, 土谷健: 透析患者にXp11.2転座型腎細胞癌を発症した一例.  第47回日本腎臓学会東部学術大会,  横浜,  2017/10
4. ◎田村友美, 神山貴弘, 三上勇人, 海上耕平, 亀井大悟, 塚田三佐緒, 三和奈穂子, 花房規男, 奥見雅由, 石田英樹, 田邉一成, 土谷健, 新田孝作: 二重濾過血漿分離交換(DFPP)の血漿処理量を工夫した高度肥満の一例.  第47回日本腎臓学会東部学術大会,  横浜,  2017/10
5. 真壁志帆, 片岡浩史, 近藤恒徳, 田邉一成, 土谷健, 新田孝作, 望月俊雄: 片側優位に著しく腫大した常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)に対して片腎摘出術を行った一例O.  日本腎臓学会東部学術大会,  横浜、日本,  2017/10
6. 真壁志帆, 片岡浩史, 土谷健, 新田孝作, 望月俊雄: 尿中アクアポリンからトルバプタンの治療反応性を考える.  日本腎臓学会東部学術大会,  横浜、日本,  2017/10
7. ◎安部貴之, 鈴木雄太, 清水幹夫, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 花房規男, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: 当院の外来患者におけるVascular Access自己管理の意識調査とその解析結果について.  第21回日本アクセス研究会学術集会・総会,  岐阜県,  2017/10
8. ◎安部貴之, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 花房規男, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: 透析患者のPAD管理と治療評価
~ABI、SPPを用いた早期発見への取り組みとアフェレシス治療の評価~.  第12回九州臨床工学会,  大分県,  2017/09
9. ◎若山功治, 鈴木雄太, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 花房規男, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: アフェレシス治療における VA 再循環の発生頻度調査.  第28回日本急性血液浄化学会学術集会,  さいたま市、日本,  2017/09
10. ◎清水幹夫, 宮尾亜矢子, 岡島友樹, 村上淳, 金子岩和, 石塚喜世伸, 三浦健一郎, 服部元史, 戸津五月, 中西秀彦, 内山温, 峰島三千男, 花房規男, 土谷健: 腫瘍崩壊症候群により持続的血液透析を要した新生児急性リンパ性白血病の 1 例.  第28回日本急性血液浄化学会学術集会,  さいたま市、日本,  2017/09
全件表示(54件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者