<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 血液内科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
学術雑誌 学会発表


教授:
   田中 淳司
准教授:
   志関 雅幸
講師:
   今井 陽一
   萩原 將太郎
   吉永 健太郎
助教:
   風間 啓至
   篠原 明仁
   石山 みどり
   田中 紀奈
   渡邉 彩
■ 概要
特徴
白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、骨髄腫などの造血器腫瘍、再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病などの幅広い血液疾患について、分子標的療法や造血幹細胞移植を含め、最先端の最良の医療を提供しております。
研究
白血病や骨髄異形成症候群、骨髄腫などの病態に関する分子学的機序や薬剤耐性機序の解明・耐性克服、血液難治性疾患の根治を目指した分子標的療法、造血細胞移植、細胞療法の開発に関する研究をすすめております。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:15K08320)
 研究課題:20番染色体長腕上の骨髄異形成症候群疾患関連遺伝子の同定と分子機構の解明  (研究代表者:志関 雅幸)
 研究補助金:1,040,000円  (代表)
2.  平成29年度日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発費 感染症実用化研究事業 エイズ対策実用化研究事業  (研究課題番号:16768708)
 研究課題:日本人に最適化されたエイズ関連悪性リンパ腫の包括的医療体制の確立  (研究分担者:萩原 將太郎)
 研究補助金:845,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会  (会長 : 田中淳司 )  ,東京  2017/09
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  11 5  2 3  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Mori Naoki*, Ohwashi-Miyazaki Mari, Yoshinaga Kentaro, Okada Michiko, Shiseki Masayuki, Motoji Toshiko, Tanaka Junji:  Tumor suppressor gene methylation on the short arm of chromosome 1 in chronic myelogenous leukemia.  European journal of haematology  98 (5) :467-477 , 2017.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎AOKI J, ISHIYAMA K, UCHIDA N, FUKUDA T, OHASHI K, HIDAKA M, KOBAYASHI N, SAKURA T, AOTSUKA N, OKUMURA H, ICHINOHE T, TANAKA Junji, ATSUTA Y, YANO S: Outcomes of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in patients with acute myeloid leukemia harboring inv(3)/(q21;q26.2)/t(3;3)(q21;q26.2).  22nd Congress of the European Hematology Association,  Madrid, Spain,  2017/06
2. ◎ISHIBASHI M, TAMURA H, ASAYAMA T, Kuribayashi-hamada Y, ONODERA A, MORIYA K, SASAKI M, HANDA H, IMAI Y, TANAKA Junji, TANOSAKI S, ITO S, INOKUCHI K: Pathophysiological functions and clinical impact of the
new immunoreceptor SLAMF3 in multiple myeloma.  22nd Congress of the European Hematology Association,  Madrid, Spain,  2017/06
3. ◎MORI Naoki, YOSHINAGA Kentaro, OHWASHI-MIYAZAKI Mari, SHISEKI Masayuki, SAKURA Hiroshi, TANAKA Junji: Mutations of the JAK2 gene and cytogenetic abnormalities are predictive of progression to hematological neoplasms in patients with idiopathic leukocytosis.  22nd Congress of the European Hematology Association,  Madrid, Spain,  2017/06
4. ◎SHISEKI Masayuki, ISHII Mayuko, OHWASHI Mari, MORI Naoki, YOSHINAGA Kentaro, TANAKA Junji: Molecular mechanisms and clinical significance of reduced PTPN1 expression in myelodysplastic syndromes.  22nd Congress of the European Hematology Association,  Madrid, Spain,  2017/06
5. ◎YOSHINAGA Kentaro, MORI Naoki, OHWASHI Mari, ISHII Mayuko, SHISEKI Masayuki, TANAKA Junji: Acquired pure red cell aplasia associated with lymphoproliferative diseases in erythropoietin-refractory anemia patients on dialysis.  22nd Congress of the European Hematology Association,  Madrid, Spain,  2017/06
6. ◎森直樹, 宮﨑真理, 吉永健太郎, 志関雅幸, 小笠原壽恵, 佐倉宏, 田中淳司: 遺伝子変異と染色体異常は特発性白血球増加症の進展に予測的である.  第79回日本血液学会学術集会,  東京,  2017/10
7. ◎石山みどり, 志関雅幸, 長内聡子, 竜崎理子, 加藤豊, 飯塚有希, 渡邉彩, 田中紀奈, 篠原明仁, 風間啓至, 吉永健太郎, 田中淳司: 特発性血小板減少性紫斑病症例に対するデキサメタゾン大量療法の長期成績.  第79回日本血液学会学術集会,  東京,  2017/10
8. ◎池田 宇次, 盛啓太, 河村浩二, 森毅彦, 萩原將太郎, 上田恭典, 加畑馨, 内田直之, 塚田信弘, 村頭智, 山本正英, 高橋勉, 一戸辰夫, 鬼塚真仁, 熱田由子, 神田善伸, 岡本真一郎, 角南一貴: 自家移植後再発・再燃多発性骨髄腫に対する同種移植の後方視的検討:JSHCT MM-WG.  第79回日本血液学会学術集会,  東京,  2017/10
9. ◎木下量介, 石橋真理子, 猪口孝一, 半田寛, 佐々木純, 小松則夫, 今井陽一, 田中紀奈, 田中淳司, 田野崎栄, 伊藤薫樹, 磯田淳, 松本守生, 小池道明, 田村秀人: 多発性骨髄腫における病期分類と予後因子の検討:KT-MM予後因子解析.  第79回日本血液学会学術集会,  東京,  2017/10
10. ◎王艶華, 風間啓至, 田中紀奈, 加藤豊, 渡邉彩, 宮﨑真理, 石井真由子, 篠原明仁, 吉永健太郎, 志関雅幸, 田中淳司: 悪性リンパ腫細胞株に対するNK細胞の細胞障害活性および抗体治療薬との併用効果に関する検討.  第79回日本血液学会学術集会,  東京,  2017/10
全件表示(21件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者