<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 次 >>>
 腎臓内科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   新田 孝作
   安藤 稔
   湯村 和子
   望月 俊雄
講師:
   森山 能仁
   板橋 美津世
   片岡 浩史
助教:
   浅宮 有香理
   雨宮 伸幸
   井野 文美
   井野 純
   岩佐 悠子
   岩崎 千尋
   海上 耕平
   生方 政光
   江口 亜弥
   亀井 大悟

   唐澤 一徳
   木村 和生
   葛原 信三
   佐々木 裕子
   佐藤 啓太郎
   佐原 由華子
   潮平 俊治
   杉浦 秀和
   鈴木 啓子
   鈴木 浩一

   高野 真理
   竹越 尚代
   田中 佳優
   鶴田 悠木
   野老山 武士
   中谷 裕子
   西田 美貴
   能木場 宏彦
   原 正樹
   原田 誉子

   三戸部 倫大
   宮岡 統紀子
   桃木 久美子
   森戸 卓
   山崎 麻由子
   吉田 阿里
   若山 慈恵
■ 概要
特徴
糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、多発性嚢胞腎および腎不全など腎疾患に対する最先端の診断・治療を行っています。
優れた医療技術
ドップラー腎エコーや腎生検、ネフローゼ症候群に対する免疫抑制薬治療、膠原病に伴う腎障害に対する免疫吸着や血漿交換療法、腎移植ドナー評価や移植チームとの連携が特徴です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 125 3 2 51  0 7 0 0  12 79  5 19  1 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 花房規男, 土谷健, 新田孝作:  高齢者のHD導入-最近の話題.  腎臓内科・泌尿器科  5 (3) :283-287 , 2017.3
2. 森山能仁, 本田一穂, 新田孝作:  糖尿病性腎症における腎生検の是非と病理組織的特徴.  内分泌・糖尿病・代謝内科  44 (3) :209-214 , 2017.3
3. Kumon Saeko, Usui Ryosuke, Kuzuhara Shinzo, Nitta Kosaku, Koike Minako:  The Improvement of the Outcome of Osmotic Demyelination Syndrome by Plasma Exchange.  Internal medicine journal  56 (6) :733-736 , 2017.3
4. Masakane Ikuto, Hasegawa Takeshi, Ogata Satoshi, Kimata Naoki, Nakai Shigeru, Hanafusa Norio, Hamano Takayuki, Wakai Kenji, Wada Atsushi, Nitta Kosaku:  Annual peritoneal dialysis report 2014,the peritoneal dialysis registry.  Renal Replacement Therapy  3 (21) :online , 2017.3
5. Nitta Kosaku, Masakane Ikuto, Tomo Tadasihi, Tsuchida Kenji, Ikeda Kiyoshi, Ogawa Tomonari, Kanda Eiichiro, Kanno Yoshihiko, Komatsu Yasuhiro, Taniguchi Masatomo, Taki Fumika, Hasegawa Takeshi, Hanafusa Norio, Hamano Takayuki, Fukagawa Masafumi, Minakuchi Jun, Yamamoto Hiroyasu, Washida Naoki, Wada Takashi, Watanabe Yuzo:  Policy for developing clinical practice guidelines of Japanese Society for Dialysis Therapy.  Renal Replacement Therapy  3 (34) :online , 2017.3
6. Hanafusa Norio, Nitta Kosaku, Okazaki Masayuki, Komatsu Mizuki, Shiohira Shunji, Kawaguchi Hiroshi, Tsuchiya Ken:  Serum albumin level adjusted with C-reactive protein predicts hemodialysis patient survival.  Renal Replacement Therapy  3 :9 , 2017.3
7. Masakane Ikuto, Nakai Shigeru, Ogata Satoshi, Kimata Naoki, Hanafusa Norio, Hamano Takayuki, Wakai Kenji, Wada Atsushi, Nitta Kosaku:  Annual Dialysis Data Report 2014,JSDT Renal Data Registry(JRDR).  Renal Replacement Therapy  :3:18 , 2017.3
8. Kamei Daigo, Tsuchiya Ken, Miura Hitomi, Nitta Kosaku, Akiba Takashi:  Inter-Method Variability of Ferritin and Transferrin Saturation Measurement Methods in Patients on Hemodialysis.  Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy  21 (1) :43-51 , 2017.2
9. 森山能仁, 新田孝作:  感染症に伴う糸球体病変.  腎疾患・透析 最新の治療 2017-2019  :142-145 , 2017.1
10. Momoki Kumiko, Kataoka Hiroshi, Moriyama Takahito, Mochizuki Toshio, Nitta Kosaku:  Hyperuricemia as a Predictive Marker for Progression of Nephrosclerosis:Clinical Assessment of Prognostic Factors in Biopsy-Proven Arterial/Arteriolar Nephrosclerosis.  J Atheroscler Thromb  24 (6) :630-642 , 2017.1
全件表示(91件)
総説及び解説
1. 横山貴, 塚田三佐緒, 新田孝作:  シリーズ-腹膜透析排液検査 1.腹膜透析排液検査の基礎知識.  MEDICAL TECHNOLOGY  45 (3) :295-302 , 2017.3
2. 横山貴, 塚田三佐緒, 新田孝作:  技術講座 腹膜透析排液検査 腹膜透析排液検査の基礎知識(解説).  Medical Technology  45 (3) :296-301 , 2017.3
3. 望月俊雄, 真壁志帆, 片岡浩史:  【おさらい腎疾患-明日から役立つアプローチの基本】尿細管間質疾患 常染色体優性多発性嚢胞腎.  Medicina  54 (2) :292-295 , 2017.2
4. 花房規男:  透析患者の血管石灰化予防に対するビタミンK補充の可能性.  臨床透析  33 (2) :206-210 , 2017.2
5. 本田一穂:  【6.被嚢性腹膜硬化症(EPS)に関するエビデンス】腹膜生検.  腎と透析  82 (1) :103-108 , 2017.1
6. 政金生人, 谷口正智, 中井滋, 土田健司, 後藤俊介, 和田篤志, 尾形聡, 長谷川毅, 濱野高行, 花房規男, 水口潤, 中元秀友:  わが国の慢性透析療法の現況.  日本透析医学会雑誌  50 (1) :1-62 , 2017.1
7. 花房規男:  【病態栄養学UPDATE】疾患別診療 慢性腎臓病における栄養療法 低影響を回避しつついかに腎保護をはかるか.  医学のあゆみ  259 (10) :994-1000 , 2016.12
8. 花房規男:  血液透析時の経口栄養摂取 再認識された有用性.  臨床透析  32 (12) :1550-1552 , 2016.11
9. 原正樹, 安藤稔:  【腎と感染症】腎臓への直接感染による腎障害.  腎と透析  81 (4) :478-482 , 2016.10
10. 花房規男, 太田稔, 松本剛直, 岩見大基, 篠原信雄:  二重濾過血漿分離交換法(血漿分離器エバキュア-プラス4A10+成分分画器エバフラックス2A10).  日本アフェレシス学会雑誌  35 (3) :313-315 , 2016.10
全件表示(40件)
症例報告
1. 山崎麻由子, 木村容子, 佐藤弘, 許田瑞樹, 神山貴弘, 能木場宏彦, 雨宮伸幸, 杉浦秀和, 伊藤隆:  胃酸分泌抑制薬内服下にて胃もたれ、食欲不振を認めた血液透析患者に六君子湯が著効した2症例.  日本透析医学会雑誌  49 (10) :677-682 , 2016.10
2. 齋藤誉子, 川西智子, 吉川佳奈恵, 小川ひな, 河野桃子, 石渡亜由美, 佐野夏帆, 長谷川純平, 亀井唯子, 井野文美, 小川俊江, 阿部恭知, 遠藤真理子, 若井幸子:  膀胱全摘後両側尿管皮膚瘻造設後に腹膜透析(PD)を導入した90歳の超高齢者の一例.  腎と透析  81 :232-233 , 2016.9
3. 鈴木啓一郎, 菅野範英, 小野慎吾, 上平大輔, 村形綾乃, 米倉孝治, 田波秀朗, 丸山祥司, 佐藤栄吾, 若井幸子:  当院における上腕動脈表在化症例の臨床的検討.  日本臨床外科学会雑誌  77 (9) :2376 , 2016.9
4. 小林文, 加藤秀高, 鈴木美紀, 臼井亮介, 小池美菜子, 大橋高志*:  線維筋性異形成による可逆性後部白質脳症症候群の1例.  臨床神経学  56 (9) :622-626 , 2016.9
5. 大久保里枝, 今泉雄介, 小川ひな, 吉川佳奈恵, 河野桃子, 齋藤誉子, 石渡亜由美, 佐野夏帆, 亀井唯子, 長谷川純平, 川西智子, 小川俊江, 若井幸子, 阿部恭知, 遠藤真理子:  基底膜変化を有するIgA腎症で扁桃摘出術+ステロイドパルス(扁桃パルス)後も血尿が持続した一例.  日本腎臓学会誌  58 (6) :799 , 2016.8
6. 今泉雄介, 大久保里枝, 吉川佳奈恵, 小川ひな, 河野桃子, 齋藤誉子, 石渡亜由美, 長谷川純平, 亀井唯子, 川西智子, 阿部恭知, 遠藤真理子, 若井幸子, 八武崎はる奈, 原由紀子:  急性散在性脳脊髄炎(ADEM)と診断した透析患者の一例.  日本腎臓学会誌  58 (6) :809 , 2016.8
7. 河野桃子, 今泉 雄介, 大久保里枝, 小川ひな, 吉川佳奈恵, 石渡亜由美, 齋藤誉子, 長谷川純平, 佐野夏帆, 亀井唯子, 阿部恭知, 遠藤真理子, 若井幸子, 白川浩希:  CMV血症治療後にBKV腎症を発症した一例.  日本腎臓学会誌  58 (6) :817 , 2016.8
8. 小川ひな, 今泉雄介, 大久保里枝, 吉川佳奈恵, 河野桃子, 石渡亜由美, 齋藤誉子, 佐野夏帆, 長谷川純平, 亀井唯子, 川西智子, 小川俊江, 阿部恭知, 遠藤真理子, 若井幸子:  腎移植前扁摘を施行後再発IgA腎症を発症した2症例.  日本腎臓学会誌  58 (6) :818 , 2016.8
9. IKEDA Takashi, OKUMI Masayoshi*, UNAGAMI Kohei, KANZAWA Taichi, SAWADA Anri, KAWANISHI Kunio, OMOTO Kazuya, ISHIDA Hideki, TANABE Kazunari:  Two cases of kidney transplantation-associated thrombotic microangiopathy successfully treated with eculizumab.  Nephrology (Carlton, Vic.)  21 (suppl1) :35-40 , 2016.7
10. SAWADA Anri*, KAWANISHI Kunio, HORITA Shigeru, KOIKE Junki, HONDA Kazuho, OCHI Ayami, KOMODA Mizuki, TANAKA Yoichiro, UNAGAMI Kohei, OKUMI Masayoshi, SHIMIZU Tomokazu, ISHIDA Hideki, TANABE Kazunari, NAGASHIMA Yoji, NITTA Kosaku:  Proliferative glomerulonephritis with monoclonal immunoglobulin G deposits complicated by immunoglobulin A nephropathy in the renal allograft.  Nephrology (Carlton, Vic.)  21 (suppl1) :48-52 , 2016.7
全件表示(46件)
その他
1. 横山 貴, 塚田 三佐緒, 新田 孝作:  技術講座 腹膜透析排液検査 腹膜透析排液検査の基礎知識.  Medical Technology  45 (3) :296-301 , 2017.3
2. 小川 哲也, 佐倉 宏, 新田 孝作:  【透析患者の体液管理】 心不全合併透析患者の体液管理.  Fluid Management Renaissance  6 (3) :241-247 , 2016.7
3. 板橋 美津世, 新田 孝作:  【腎と透析診療指針2016】 (第10章)尿細管疾患等 尿細管間質性腎炎.  腎と透析  80 (増刊) :331-333 , 2016.6
ページの先頭へ
■ 著書
1. 横山 貴, 塚田 三佐緒, 新田 孝作:  技術講座 腹膜透析排液検査 腹膜透析排液検査の基礎知識.  Medical Technology  296-301.  医歯薬出版(株),  日本, 2017.3
2. 片岡 浩史, 森山 能仁, 望月 俊雄, 内田 啓子, 土谷 健, 新田 孝作:  腎予後から考えるメタボリックシンドローム(MetS)診断基準.  日本内科学会雑誌  219.  (一社)日本内科学会,  日本, 2017.2
3. 三上勇人, 土谷健:  各論 I.腎機能障害時の薬物投与法.  薬剤性腎障害(DKI)診療Q&A-DKI診療ガイドラインを実践するためにー  183-185.  診断と治療社,  東京,日本, 2017.2
4. 海上耕平, 奥見雅由:  腎移植後の周術期管理.  ICUとCCU  811-819.  医学図書出版,  東京, 2016.12
5. 安部貴之:  インピーダンス心拍出量計を用いた循環関連モニタ.  Clinical Engineering  1011-1020.  学研メディカル秀潤社,  日本, 2016.11
6. 矢島愛治, 土谷健, 冨永芳博, 谷澤龍彦, 伊藤明美, 新田孝作:  第2章副甲状腺機能亢進症 3.副甲状腺機能亢進症の臨床 3)骨所見:SHPTの骨組織の特徴とPTx後の変化.  副甲状腺機能亢進症の外科  37-40.  東京医学社,  東京,日本, 2016.10
7. 小川哲也, 柴田藍, 新田孝作:  循環器系 11. 血管石灰化.  透析患者診療に役立つ診断と重症度判定のためのアプローチ  146-147.  日本メディカルセンター,  東京、日本, 2016.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎安部貴之, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 大坪茂, 花房規男, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: 臨床工学技士による透析患者のPAD管理~早期発見への取り組みとアフェレシス治療~.  第15回日本フットケア学会年次学術集会,  岡山,  2017/03
2. ◎UNAGAMI Kohei, OKUMI Masayoshi, TANABE Kazunari, ISHIDA Hideki: Clinical outcome of elderly living kidney donors.  American Society of Nephrology Kidney Week 2016,  Chicago, USA,  2016/11
3. Ando Minoru, Momoki Kumiko, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku: Long-Term Exposure to Tenofovir Is Not Linked with Increased Risk of Renal Dysfunction:A Propensity Score-Matched Analysis.  American Society of Nephrology,  Chicago,America,  2016/11
4. Fujii Naohiko, Hamano Takayuki, Akizawa Tadao, Matsuo Seiichi, Makino Hirofumi, Imai Enyu, Watanabe Tsuyoshi, Nitta Kosaku, Maruyama Shoichi, Fukagawa Masafumi, Hishida Akira: The Effect of Annual Income on the Progression of CKD in Japan.  American Society of Nephrology,  Chicago,America,  2016/11
5. Hanafusa Norio, kawaguchi hiroshi, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku: Albumin Values with C-Reactive Protein Taken into Account Can Be a Good Predictor of Dialysis Patient Survival.  American Society of Nephrology,  Chicago,  2016/11
6. Momoki Kumiko, Ando Minoru, Hara Masaki, Ohta Akihito, Ubukata Masamitsu, Nitta Kosaku: Early Emergence of Proteinuria Portends Subsequenct Development of Kidney Function Decline or Nephrotic Syndrome after Stem Cell Transplantation.  American Society of Nephrology,  Chicago,America,  2016/11
7. Sato Masayo, Honda Kazuho, Nitta Kosaku: The Examination of the Adult Cases with Mild Proteinuria and the Alport-Like GBM Abnormality.  American Society of Nephrology,  Chicago,America,  2016/11
8. Yajima Aiji, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku: Sclerostin Is a Good Predictor of Marrow Adipocyte in Dialysis Patients.  American Society of Nephrology,  Chicago,America,  2016/11
9. 高橋由実, 廣川牧子, 鈴木はるみ, 小坂邦江, 薮内智朗, 秋岡祐子, 服部元史, 塚田三佐緒, 新田孝作, 土谷健: 乳幼児期の腹膜透析導入患者とその家族に対する外来看護の検討.  第22回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,  札幌、日本,  2016/09
10. 馬場園哲也, 新田孝作: 糖尿病腹膜透析患者における腹膜炎.  第22回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,  札幌、日本,  2016/09
全件表示(118件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者