<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 リハビリテーション科・リハビリテーション部
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   猪飼 哲夫
准教授:
   和田 太
講師:
   上久保 毅
助教:
   尾川 晃子
   鈴木 瑞枝
   吉原 充代
■ 概要
リハビリテーション科・部の概要
各科からの依頼により、病気やケガにより生じた障害の治療を行っています。リハビリテーション科医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のチーム医療で、機能障害や能力障害をできるだけ軽減し、患者さんが元の生活にできるだけ近い形で復帰できるように依頼科の主治医とも密なるコンタクトをとりながらリハビリテーション治療を進めています。障害の評価に始まって、機能回復訓練、歩行訓練や日常生活動作訓練などの能力改善訓練、生活上の工夫や動作の練習、生活環境評価と改善アドバイス、ご家族の方々への介助方法の指導などを行っています。当院リハビリテーション科の特徴は急性期のリハビリテーションで、そのために対象となる原因疾患は多岐にわたり、また重症例も多いため、リスク管理には特に注意を払っています。
研究では、ロボット工学のリハ医学への応用、超急性期のリハビリ効果、心臓および呼吸リハビリの効果、高次脳機能障害、嚥下機能障害、小児疾患のリハビリ(ボトックス治療効果)などの臨床研究を行っています。
教育では、医学部・看護学部の講義、臨床実習、研修医や後期研修医の指導・教育、療法士学生に対する臨床実習などを行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 0 0 0  0 1 0 0  1 10  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. 猪飼哲夫:  知っておきたい特殊車椅子 座位保持 装置歩行器.多機能電動車いす..  臨床リハ  26 :434-437 , 2017.5
その他
1. 和田太:  リハビリテーション医学Q&Aー専門医を目指して 運動学.  Clinical Rehabilitaion  :24-26 , 2017.6
ページの先頭へ
■ 著書
1. 内尾優, 藤野雄次, 松田雅弘, 畠昌史, 田屋雅信:  事例で学ぶ臨床プロセスの導きかた.  そのとき理学療法士はこう考える  208-209.  医学書院,  東京, 2017.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 堀澤里奈, 諸麥俊司, 和田太, 村田知之: 電動式グローブの活用による頚髄損傷者の就労機会拡大についての実験的検討.  日本職業リハビリテーション学会 第45回栃木大会,  宇都宮市,  2017/08
2. ◎内尾優, 内山温, 楠田聡: 脳性麻痺児の重症度と早期の運動獲得時期との関連.  第53回日本周産期・新生児医学会学術集会,  横浜,  2017/07
3. ◎上野敦子, 鈴木豪, 小原義宏, 大沢奈津子, 蛭田正子, 猪飼哲夫, 萩原誠久: 心不全患者の心臓リハビリテーション実施に関わる3検査の検討.  第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  岐阜市,  2017/07
4. ◎猪飼 哲夫、筧 慎吾、加島 広太、冬賀 清香、尾川 晃子、和田 太: 股関節角度と測定場所の違いが大腿四頭筋セッティングの筋力に及ぼす影響.  第29回日本運動器学会,  東京都,  2017/07
5. ◎筧慎吾, 堀部達也, 前田新介, 相川智, 工藤健司, 矢川陽介, 小川杏平, 井上雄志, 大杉治司, 猪飼哲夫, 山本雅一: (ワークショップ5 がん治療における合併症の予防のためのチームのちから)食道癌根治術後の肺炎予防の武のチーム医療の取り組み.  第42回日本外科系連合学会学術集会,  徳島,  2017/06
6. 和田太: 脊髄疾患リハビリテーション診療の基本- リハビリテーション医は何をみるか?.  第54回日本リハビリテーション医学会学術集会,  岡山,  2017/06
7. ◎猪飼 哲夫、山下 愛茜、橋本 節夫: 片麻痺患者に対する歩行練習アシスト(GEAR)を用いた歩行訓練効果の検討.  第54回日本リハビリテーション医学会学術集会,  岡山市,  2017/06
8. ◎藤本泰成, 内尾優, 三木啓嗣, 新田收: RGB-Dカメラを用いた超低出生体重児の上肢運動の測定装置の開発.  第61回システム制御情報学会研究発表講演会,  京都,  2017/05
9. ◎長谷川三希子, 内尾優, 後藤圭介, 志真奈緒子, 今井憲, 内山温, 楠田聡, 猪飼哲夫: 新生児集中治療室管理を要したハイリスク児の予後予測についてー退院時頭部MRIと運動機能獲得時期からの検討ー.  第52回日本理学療法学術大会,  千葉,  2017/05
10. ◎内尾優, 長谷川三希子, 猪飼哲夫, 楠田聡, 内山温, 藤本泰成, 新田收: 超低出生体重児の自発運動の特徴と新生児枕による即時的影響.  第52回日本理学療法学術大会,  千葉,  2017/05
全件表示(11件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者