<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 麻酔科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   尾崎 眞
   野村 実
准教授:
   黒川 智
   樋口 秀行
   深田 智子
講師:
   虻川 有香子
   岩出 宗代
   高木 俊一
助教:
   近藤 泉
   市川 喜之
   一丸 達郎
   伊藤 祥子
   岩田 志保子
   大澤 由佳
   奥山 佳子
   小野 史美子
   糟谷 祐輔
   加藤 孝子

   鎌田 ことえ
   神谷 雅
   木下 真帆
   鯨井 一正
   楠田 理絵
   久米 恵子
   黒羽根 朋子
   畔柳 綾
   桑原 淳
   小泉 博子

   小髙 桂子
   小林 真之
   駒山 徳明
   権田 希望
   佐久間 潮里
   佐藤 敬太
   佐藤 暢夫
   佐藤 麻衣子
   庄司 詩保子
   清野 雄介

   曽根 依子
   土屋 由里
   土井 健司
   中澤 圭介
   中島 慶子
   永井 美玲
   濱田 啓子
   原村 陽子
   福島 里沙
   藤田 貴子

   古井 郁恵
   丸山 恵梨香
   山縣 克之
   横川 すみれ
■ 概要
東京女子医科大学麻酔科
東京女子医科大学麻酔科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 0 0 0 4  0 1 0 0  3 0  2 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ◎小林真之, 糟谷祐輔*, 尾崎眞, 甲谷太一, 原武義和:  経カテーテル大動脈弁留置術 における術後脳梗塞危険因子の検討.  麻酔  66 (11) :1201-1205 , 2017.11
2. ◎Keiko Kume, Yusuke Kasuya, Makoto Ozaki:  Effect of Goreisan, a traditional Japanese Kampo medicine, on postoperative nausea and vomiting in gynecological patients.  JA Clinical Reports  :(2017) 3:52 , 2017.9
3. Takako Kato, Yusuke Kasuya, Makoto Ozaki:  Validation of Spectrophotometric Hemoglobin Measurement with a Pulse Co-Oximeter in Cases of Massive Hemorrhage.  Open Journal of Anesthesiology  :2017, 7, 194-201 , 2017.7
4. Asakura Yusuke, Kinoshita Maho, Kasuya Yusuke, Sakuma Shiori, Ozaki Makoto:  Ultrasound-guided sternal bone marrow aspiration.  Blood research  52 (2) :148-150 , 2017.6
5. Kasuya Yusuke, Moriwaki Shota, Inano Chiaki, Fukada Tomoko, Komatsu Ryu, Ozaki Makoto:  Feasibility of the head-mounted display for ultrasound-guided nerve blocks: a pilot simulator study.  Journal of anesthesia  :https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00540-017-2371-x , 2017.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. 糟谷祐輔, 尾崎眞:  腎移植後シャント閉塞.  麻酔偶発症 A to Z  309-309.  文光堂,  東京, 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Kasuya Yusuke, Moriwaki Shota, Ozaki Makoto: The influence of peripheral circulation on the accuracy of spectrophotometric hemoglobin measurement compared to conventional laboratory CO-Oximetry.  Anesthesiology 2017,  Boston, USA,  2017/10
2. ◎Keiko OKUYAMA, Shunichi TAKAGI, Hideyuki HIGUCHI, Makoto OZAKI: TOF Ratio 0.9 is Appropriate Using Electromyography (EMG) as an Indicator of Recovery From a Muscle Relaxation State by Neuromuscular Blocking Agents.  American Society of Anesthesiologists annual meeting 2017,  Boston, MA, USA,  2017/10 Link
3. Yusuke Kasuya, Shiori Sakuma, Makoto Ozaki: Development of Pilot Anesthesia Quality Index system in the Standard Surgery Cases.  6th World Congress of Clinical Safety,  Roma, Italy,  2017/09
4. ◎Kasuya Yusuke, Furui Ikue, Fukushima Risa, Kume Keiko, Ozaki Makoto: Prediction of postoperative nausea vomiting, using Japanese traditional Kampo medicine,"Water Stagnation Score".  Euroanaesthesia 2017,  Geneve, Switzerland,  2017/06
5. ◎久米恵子, 糟谷祐輔, 岩切裕子, 深田智子, 尾崎眞: 婦人科患者における五苓散の術後嘔吐嘔気に対する効果.  日本麻酔科学会 第64回学術集会,  神戸市,  2017/06
6. ◎神谷岳史, 小林真之, 糟谷祐輔, 尾崎眞: 下大静脈内腫瘍塞栓症を伴う腎細胞癌の周術期管理の検討.  日本麻酔科学会 第64回学術集会,  神戸市,  2017/06
7. ◎奥村梨沙, 糟谷祐輔, 佐久間潮里, 尾崎眞: 全身麻酔下の体位変換時における生体モニタ中断時間の検討.  日本麻酔科学会 第64回学術集会,  神戸市,  2017/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者