<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 産婦人科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   松井 英雄
   熊切 順
   安達 知子
准教授:
   小川 正樹
   中林 章
   橋本 和法
助教:
   秋澤 叔香
   板井 侑里
   小平 賢介
   菅野 俊幸
   木崎 尚子
   藏本 吾郎
   鈴木 志帆
   高橋 伸子
   土山 史佳
   深澤 祐子

   梁木 富美子
   劉 樺
■ 概要
特徴
婦人科
 腫瘍領域
婦人科悪性腫瘍に対する手術・化学療法(日本婦人科腫瘍学会専門医3名 指導施設)
婦人科癌診断(日本臨床細胞学会指導医3名)
絨毛性疾患の治療

 生殖・内分泌領域
体外受精(合併症を持つ患者多い 生殖・内分泌指導医1名)

 女性医学
更年期障害の治療(女性医学指導医2名)

 周産期医学
都内13か所の総合周産期センターの一つであり、心臓・糖尿病・腎臓病合併妊娠では日本有数の数である(周産期指導医3名)
切迫早産などの治療
胎児共存奇胎などの異常妊娠
優れた医療技術
・ 絨毛性疾患の管理・治療では日本で有数な治療数を誇り、都内ばかりでなく、
  全国からの紹介患者も多数
・ 周産期領域では心臓・糖尿病・腎臓病合併妊娠では日本有数の数
・ 癌治療では手術と化学療法を組み合わせた治療を積極的に行っている
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 2 1 1 2  0 0 0 0  18 11  0 1  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 田中 真, 大住 省三, 清藤 佐知子, 高橋 三奈, 青儀 健二郎, 澤田 茂樹, 山下 素弘, 田村 和朗, 秋澤 叔香, 斎藤 加代子, 杉本 奈央, 金子 景香:  Li-Fraumeni症候群患者にサーベイランスとして施行したPET/CTで早期に肺癌を発見し手術し得た一例.  家族性腫瘍  17 (1) :22-25 , 2017.10
2. 渡辺基子、浦野真理、松尾真理、小川正樹、沼部博直、斎藤加代子:  NIPT遺伝カウンセリングにおける妊婦とパートナーの意識変化に関する考察.  日本遺伝カウンセリング学会誌  38 (3) :63-68 , 2017.10
3. Watanabe M, Matsuo M, Ogawa M, Uchiyama T, Shimizu S, Iwasaki N, Yamauchi A, Urano M, Numabe H, Saito K:  Genetic counseling for couples seeking noninvasive prenatal testing in Japan: experiences of pregnant women and their partners.  Journal of Genetic Counseling  26 :628-639 , 2017.6
4. Hashimoto kazunori*, Horibe Yu, Ezaki Jiro, Kanno Toshiyuki, Takahashi Nobuko, Akizawa Yoshika, Marsui Hideo, Yamamoto Tomoko, Shibata Noriyuki:  Laparoscopically Removed Streak Gonad Revealed Gonadoblastoma in Frasier Syndrome.  Anticancer research  37 :3975-3979 , 2017
症例報告
1. Nakabayashi Akira*, Takahashi Nobuko, Hashimoto kazunori, Nagata Reiko, Hashimoto Tomomi, Yamamoto Tomoko, Matsui Hideo:  A case of rapidly-growing atypical polypoid adenomyoma which was histologically diagnosed before operation and removed by a laparoscopic resection.  Taiwanese journal of obstetrics & gynecology  57 (2018) :115-118 , 2017.11
2. 堀部悠, 秋澤叔香, 尹大埈, 鈴木優人, 新藤美佐, 小平賢介, 菅野俊幸, 高橋伸子, 橋本和法, 松井英雄:  化学療法中起こった不明熱の原因としてニューモシスチス肺炎を同定した1例.  東京産科婦人科学会会誌  66 (2) :223-226 , 2017.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Yoshika Akizawa, Jun Kumakiri, Shoko Inokuchi, Daejoon Yoon, You Horibe, Toshiyuki Kanno, Nobuko Takahashi, Akira Nakabayashi, Kazunori Hashimoto, Hideo Matsui: Inventive trial for laparoscopic surgery in a case with several past history of abdominal surgical operations.  18th APAGE Annual Congress 2017,  Okayama,Japan,  2017/09
2. 二村梓: 子宮内膜液体処理標本の実際ー検体適正基準案と細胞像についてー.  平成29年度 第1回・第2回 細胞検査士会ワークショップ,  大阪、日本,  2018/02
3. 秋澤叔香, 鈴木正人, 猪口祥子, 堀部悠, 菅野俊幸, 高橋伸子
, 金野 潤, 浦野真理, 佐藤裕子, 芹澤直紀, 萩原 誠久, 小
川正樹, 松井英雄, 斎藤加代子: 手術後に洞不全症候群となりペースメーカーを挿入した筋強直性ジストロフィーの1例.  第3回日本産科婦人遺伝子診療学会,  第3回日本産科婦人科遺伝 子診療学会 (淡路市、日本),  2017/12
4. ◎鈴木智子, 柳沢慶香, 三浦順之助, 田中紗代子, 神原美沙, 小川正樹, 馬場園哲也: 常位胎盤早期剥離および妊娠高血圧症候群を合併した1型糖尿病の1例.  第33回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会,  宮崎県,  2017/12
5. 大野喜作、小林要、和田亜佳音、渡部有依、横田亜矢、河野哲也、二村梓、高田理恵、若林蓮: ATEC-US,ATEC-Aの臨床的な対応の基準点を求めて.  第56回日本臨床細胞学会秋期大会,  福岡、日本,  2017/11
6. 伊藤敏谷、松田義雄、伊東宏晃、内田季之、鈴木一有、杉原一廣、小川正樹、金山尚裕: 胎盤重量と出生体重/胎盤重量比のZ scoreによるSmall for date(SFD)児の評価.  第35回周産期医療研究会学術集会,  宮崎市,  2017/11
7. 秋澤叔⾹, 熊切順, 猪⼝祥⼦, 尹⼤埈, 堀部悠, 菅野俊幸, 鈴⽊志帆, ⾼橋伸⼦, 中林章, 橋本和法, 松井英雄: 複数回の開腹⼿術既往を有する症例に対しての腹腔鏡下⼿術 アプローチの⼯夫.  第57回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  岡山市, 日本,  2017/09
8. ◎二村梓: 日常検査におけるLBC法の運用-良い点と注意すべき点ー
「子宮内膜」.  第73回細胞検査士教育セミナー,  横浜、日本,  2017/08
9. ◎橋本和法, 阿部結貴, 秋澤叔香, 石谷健, 小林博人, 松井英雄: 卵巣癌腹水貯留患者に対する自己活性化型T細γδ胞腹腔内投与両方について.  第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  熊本,  2017/07
10. ◎菅野俊幸, 高橋伸子, 秋澤叔香, 中林章, 橋本和法, 松井英雄: 当院で管理した侵入奇胎の初回化学療法と薬剤抵抗症例の検討.  第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  熊本,  2017/07
全件表示(31件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者