<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 産婦人科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   熊切 順
   松井 英雄
   安達 知子
准教授:
   小川 正樹
   中林 章
   橋本 和法
助教:
   秋澤 叔香
   板井 侑里
   菅野 俊幸
   木崎 尚子
   藏本 吾郎
   鈴木 志帆
   高橋 伸子
   土山 史佳
   深澤 祐子
   梁木 富美子

   劉 樺
■ 概要
特徴
婦人科
 腫瘍領域
婦人科悪性腫瘍に対する手術・化学療法(日本婦人科腫瘍学会専門医3名 指導施設)
婦人科癌診断(日本臨床細胞学会指導医3名)
絨毛性疾患の治療

 生殖・内分泌領域
体外受精(合併症を持つ患者多い 生殖・内分泌指導医1名)

 女性医学
更年期障害の治療(女性医学指導医2名)

 周産期医学
都内13か所の総合周産期センターの一つであり、心臓・糖尿病・腎臓病合併妊娠では日本有数の数である(周産期指導医3名)
切迫早産などの治療
胎児共存奇胎などの異常妊娠
優れた医療技術
・ 絨毛性疾患の管理・治療では日本で有数な治療数を誇り、都内ばかりでなく、
  全国からの紹介患者も多数
・ 周産期領域では心臓・糖尿病・腎臓病合併妊娠では日本有数の数
・ 癌治療では手術と化学療法を組み合わせた治療を積極的に行っている
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 0 0 0 1  0 0 0 0  15 8  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Watanabe M, Matsuo M, Ogawa M, Uchiyama T, Shimizu S, Iwasaki N, Yamauchi A, Urano M, Numabe H, Saito K:  Genetic counseling for couples seeking noninvasive prenatal testing in Japan: experiences of pregnant women and their partners.  Journal of Genetic Counseling  26 :628-639 , 2017.6
症例報告
1. 堀部悠, 秋澤叔香, 尹大埈, 鈴木優人, 新藤美佐, 小平賢介, 菅野俊幸, 高橋伸子, 橋本和法, 松井英雄:  化学療法中起こった不明熱の原因としてニューモシスチス肺炎を同定した1例.  東京産科婦人科学会会誌  66 (2) :223-226 , 2017.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎二村梓: 日常検査におけるLBC法の運用-良い点と注意すべき点ー
「子宮内膜」.  第73回細胞検査士教育セミナー,  横浜、日本,  2017/08
2. ◎橋本和法, 阿部結貴, 秋澤叔香, 石谷健, 小林博人, 松井英雄: 卵巣癌腹水貯留患者に対する自己活性化型T細γδ胞腹腔内投与両方について.  第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  熊本,  2017/07
3. ◎菅野俊幸, 高橋伸子, 秋澤叔香, 中林章, 橋本和法, 松井英雄: 当院で管理した侵入奇胎の初回化学療法と薬剤抵抗症例の検討.  第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  熊本,  2017/07
4. ◎秋澤叔香, 藤間千尋, 堀部悠, 永田怜子, 鈴木優人, 小平賢介, 菅野俊幸, 高橋伸子, 宮川敦子, 中林章, 山本智子, 橋本和法, 長嶋洋治, 松井英雄: Clear cell borderline adenofibromaが由来と推定される卵巣明細胞腺癌の2例.  第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  熊本,  2017/07
5. ◎熊切順: 子宮内膜症治療を再考する~QOL改善を目指して~.  第133回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2017/06
6. ◎村田周子, 金野潤, 尹大埈, 鈴木優人, 堀部悠, 金沢純子, 鈴木志帆, 橋本誠司, 小川正樹, 松井英雄: 妊娠初期より性器出血が持続した絨毛膜下血種症例の周産期予後.  第133回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2017/06
7. ◎小川正樹: ACHD妊娠出産症例の現状と問題点.  第16回成人先天性心疾患セミナー,  東京都,  2017/06
8. ◎二村梓: スライドセミナー
8.子宮体部(LBCも有).  第58回日本臨床細胞学会総会・春期大会,  大阪市,日本,  2017/05
9. ◎二村梓,平井康夫,岡田薫子,秋澤叔香,木原真紀,石谷 健,長嶋洋治,則松良明,矢納研二,松井英雄: 液状化検体細胞診(LBC)の新検体適正基準における診断精度とATEC細胞像の特徴.  第58回日本臨床細胞学会総会・春期大会,  大阪市,日本,  2017/05
10. ◎小川正樹: 母体搬送システムにおける諸問題.  第33回東京産婦人科医会・東京産科婦人科学会合同研修会並びに第382回東京産科婦人科学会例会,  東京都,  2017/05
全件表示(23件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者