<<< 前 2013年度 2014年度 2015年度 | 2016年度 | 2017年度 次 >>>
 形成外科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   櫻井 裕之
   菊池 雄二
准教授:
   八巻 隆
講師:
   伊東 大
   田邉 裕美
   森田 尚樹
   山本 有祐
助教:
   浅見 崇
   磯野 伸雄
   猪原 康司
   江花 梨沙
   越智 正和
   亀井 航
   久保 和之
   栗原 幸司
   此枝 央人
   斉藤 喬

   竹村 絵美
   道本 真由子
   中野 貴光
   新美 陽介
   長谷川 雅弘
   長谷川 祐基
   濱畑 淳盛
   原 伽椰
   東盛 貴光
   菱山 潤二

   平野 由美
   藤原 英紀
   藤原 修
   松峯 元
   大和 義幸
■ 概要
形成外科ホームページ
形成外科ホームページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 1 0 4 4 2  0 4 0 0  15 22  4 3  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ITO Hiroshi, MOGAMI Mariko, NAKAJIMA Yumiko, SAKURAI Hiroyuki:  Our Strategy for Fingertip Amputation.  Surgery: Current Reserch  5 (4) :1-4 , 2015.9
2. Hamahata Atsumori, Kubo Kazuyuki, Takei Hiroyuki, Saitou Takashi, Hayashi Yuji, Matsumoto Hiroshi, Nagai Shigenori, Inoue Kenichi, Kurosumi Masafumi, Yamaki Takashi, Sakurai Hiroyuki:  Impact of immediate breast reconstruction on postoperative adjuvant chemotherapy: a single center study.  Breast cancer (Tokyo, Japan)  22 (3) :287-291 , 2015
総説及び解説
1. 山本有祐 仲沢弘明 櫻井裕之:  広範囲熱傷におけるチーム医療の現状 -創傷外科医がリーダーとなり得るには-.  創傷  7 (2) :65-73 , 2016.1
2. 八巻隆:  最新アッペ・ヘモ・ヘルニア・下肢バリックスの手術―改訂第3版― 第4章 下肢バリックス 下肢静脈瘤硬化療法の実際とその合併症.  手術  69 (4) :667-672 , 2015
症例報告
1. 菱山潤二 井砂司 本田隆司:  術後18年を経て巨大扁平上皮性嚢胞を生じたシリコンシートによる眼窩底骨折再建例の治療経験.  日本頭蓋顎顔面外科学会誌  32 (1) :----- , 2016.3
2. HISHIYAMA Junji, ISAGO Tsukasa, ITO Hiroshi:  Intraosseous hemangioma of the zygomatic bone.  Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS open  6 :5-10 , 2015.12
3. ITO Hiroshi, ISAGO Tsukasa, HISHIYAMA Junji:  The First Case of Benign Solitary Schwannoma Arising in the Rectus Abdominis Muscle.  Surgery: Current Reserch  5 (4) :1-4 , 2015.9
4. Matsumine Hajime:  Treatment of skin avulsion injuries with basic fibroblast growth factor.  Plastic and reconstructive surgery. Global open  3 (4) :e371 , 2015.4
5. 八巻隆, 桐田美帆, 越智正和, 櫻井裕之:  形態学的および免疫組織化学的検討を行ったらせん腺癌の1例.  日本形成外科学会会誌  35 (10) :588-595 , 2015
その他
1. Hamahata Atsumori, Beppu Takeshi, Fujikawa Tatro, Yamaki Takashi, Sakurai Hiroyuki:  Usefulness of a Reconstructive Method for Oropharyngeal Defect Including the Larger Soft Palate with the Bent Anterolateral Thigh Flap.  Journal of reconstructive microsurgery  31 (9) :688-691 , 2015
ページの先頭へ
■ 著書
1. 八巻隆:  静脈血栓後症候群.  臨床医のための静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症・急性肺塞栓症)診断・治療マニュアル  113-118.  医薬ジャーナル社,  大阪, 2015
2. 八巻隆:  血管内レーザー焼灼術に必要な下肢静脈瘤に対する解剖と病態生理.  下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術テキスト-血管内焼灼術研修会のまとめ-  3-6.  下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会,  東京, 2015
3. 八巻隆:  静脈瘤・静脈うっ滞性皮膚潰瘍.  形成外科治療手技全書 III 創傷外科  315-319.  克誠堂出版,  東京, 2015
4. 八巻隆:  下肢静脈瘤.  最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 86  153-160.  最新医学者,  東京, 2015
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Yamaki Takashi: Evaluation of chronic venous diseases using near-infrared spectroscopy.  28th Annual Meeting of the American Venous Forum,  Orlando, FL, USA,  2016/02
2. ◎Yamaki Takashi: Time taken for the maximum increase in oxygenated hemoglobin level in calf muscle as a predictor of post-thrombotic syndrome in patients with a first episode of deep vein thrombosis.  28th Annual Meeting of the American Venous Forum,  Orlando, FL, USA,  2016/02
3. Hajime Matsumine, Kazuyuki Numakura, Mihail Climov, Giorgio Giatsidis, Dennis P Orgill: Facial nerve regeneration with uncultured subcutaneous adipose-derived stromal-vascular-fraction in rat model.  2016 AAHS ASPN ASRM Annual Meeting,  Scottsdale, AZ, US,  2016/01
4. ◎Yamaki Takashi: Free floating DVT.  29th Annual Congress of the American College of Phlebology,  Orlando, FL, USA,  2015/11
5. ◎Hasegawa Yuki, Konoeda Hisato, Yamaki Takashi: Truncular venous malformation associated with facial capillary malformation.  29th Annual Congress of the American College of Phlebology,  Orlando, FL, USA,  2015/11
6. ◎Osada Atsuyoshi, Yamaki Takashi: Retrospective analysis of the treatment options for vascular tumors and malformations.  Australian and New Zealand Society for Vascular Surgery (ANZSVS) 2015,  Maui, HI, USA,  2015/09
7. ◎Yamaki Takashi: Prevalence and clinical outcome of free-floating thrombus formation in lower extremity deep veins.  Australia & New Zealand Society of Vascular Surgeons Annual Scientific Meeting 2015,  Maui, HI, USA,  2015/09
8. ◎長谷川雅弘, 伊東大, 八巻隆, 樋口良平, 櫻井裕之: 高齢者熱傷患者における入院日数の適性かの問題点(シンポジウム 熱傷患者の入院日数の適正化:現状の問題点とその解決策は?).  第24回日本熱傷学会関東地方会,  東京,  2016/02
9. 長田 篤祥, 猪原 康司, 新美 陽介, 藤原 修, 伊東 大, 櫻井 裕之, 山本 有祐, 副島 一孝: ヒツジ熱傷モデルを利用した培養表皮移植に関する研究.  第24回熱傷学会関東地方会,  東京,  2016/02
10. ◎藤原修, 伊東大, 松峯元, 森岡康祐, 櫻井裕之: 外側列多合趾症に対する切除指動脈を用いた島状皮弁の応用.  手術手技学会,  大宮,  2016/02
全件表示(44件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者