<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 整形外科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   岡崎 賢
   菅谷 啓之
   土屋 明弘
   野口 昌彦
准教授:
   村田 泰章
講師:
   和田 圭司
   和田 啓義
助教:
   森田 裕司
   伊藤 匡史
   岩倉 菜穂子
   大武 修一郎
   大鶴 任彦
   加藤 建
   倉光 祐二郎
   國分 将道
   篠﨑 晋久
   柴 正弘

   島田 秀人
   高田 宇維
   高築 義仁
   竹内 賢一
   田中 雄也
   玉木 亮
   寺山 恭史
   成尾 宗浩
   沼口 大輔
   萩原 洋子

   八田 哲
   深谷 久徳
   前田 和博
   丸木 秀行
   宗像 裕太郎
   安井 謙二
   油井 充
   吉本 伸之
■ 概要
東京女子医科大学整形外科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 1 0 1 0 3  0 0 0 0  1 12  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 大鶴任彦、島本周治、加藤義治、岡崎賢:  腎移植患者における骨粗鬆症に対するデノスマブの有効性と安全性の検討.  整形・災害外科  61 (1) :107-112 , 2018.1
2. Ohtsuru T, Morita Y, Murata Y, Munakata Y, Itoh M, Kato Y, Okazaki K.:  Custom-made, antibiotic-loaded, acrylic cement spacers using a dental silicone template for treatment of infected hip prostheses.  European Journal of Surgery and Traumatology  - (-) :--- , 2018.1
3. 伊藤 淳哉, 金谷 幸一, 八田 哲, 谷川 孝史:  大腿骨転子部骨折におけるTargon PFTの治療経験.  骨折  39 (2) :352-355 , 2017.4
4. 大鶴任彦、森田康介、堀内悠平、森田裕司、宗像裕太郎、倉光祐二郎:  骨盤傾斜角と人工股関節カップ前開き角の姿勢に伴う変化の関係-トモシンセシス矢状断像を用いた検討-.  Hip Joint  43 (17) :621-624 , 2017
症例報告
1. USHIO Tetsuo, OKAZAKI Ken, MIZU-UCHI Hideki, HAMAI Satoshi, AKASAKI Yukio, NAKASHIMA Yasuharu:  Anterior cruciate ligament reconstruction in a patient who has received systemic
steroids for autoimmune disease.  Asia-pacific Journal of Sports Medicine,Arthroscopy, Rehabilitation and Technology  11 :12-14 , 2018.1
2. ABE Daisuke, HAMAI Satoshi, OKAZAKI Ken, YOSHIMOTO Masao, KOMATSU Takashi, NAKASHIMA Yasuharu:  Inverted V-shaped high tibial osteotomy for severe tibia vara associated with Turner syndrome:A case report and review of literature.  International Journal of Surgery Case Reports  42 :128-132 , 2018.1
3. OSAKI Kanji, HAMAI Satoshi, OKAZAKI Ken, TASHIRO Yasutaka, IWAMOTO Yukihide:  Preoperative 3-D MRI planning of tunnel placement in ACL reconstruction for a skeletally immature patient: A case report.  Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association  :S0949-2658 , 2017.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 前田和博、篠崎普久、田中雄也、出口友彦、村田健児、服部幹彦、内山英昭、神戸克明、岡崎賢: スマートウォッチを用いた振り子運動の定量的解析とその可能性.  第14回肩の運動機能研究会,  東京,  2017/10
2. 安井謙二、前田和博、出口友彦、田中雄也、篠崎普久、成尾宗浩、神戸克明、岡崎賢: 症例特性に沿ったhybrid式リバース型人工肩関節手術の経験.  第44回日本肩関節学会,  東京,  2017/10
3. 前田和博、出口友彦、篠崎普久、田中雄也、成尾宗浩、神戸克明、岡崎賢: 肩人工骨頭不良例に対するリバース型人工関節再置換術の短期成績.  第44回日本肩関節学会,  東京,日本,  2017/10
4. 押谷雄一、児玉泰輝、前田和博、安井謙二、岡崎賢、篠崎普久、菅谷啓之: 肩人工骨頭不良例に対しRSA再置換術を用いた3例の治療経験.  第14回肩の機能研究会,  東京,  2017/10
5. 筧智裕、田口功隼、夏加孝明、相場智行、藤田俊宣、淺岡宏充、田中雄也、安井謙二、神戸克明、岡崎賢: Critical Shoulder Angleと石灰沈着性腱板炎との関連性.  第14回肩の機能研究会,  東京,  2017/10
6. 川井睦美、仲田知恵、上田咲子、安井謙二、前田和博、神戸克明、岡崎賢: 看護師による肩関越疾患術後の退院時指導の現状調査.  第1回肩の看護研究会,  東京,  2017/10
7. 篠崎普久、前田和博、安井謙二、神戸克明、内山英昭、岡崎賢: 関節包を描出可能にしたMRI PETRAによる拘縮肩の評価.  第44回日本肩関節学会,  東京,  2017/10
8. 出口友彦、安井謙二、神戸克明: 両側リバース型人工肩関節置換術の短期成績.  第44回日本肩関節学会,  東京,  2017/10
9. 勝又愛実、安井謙二、牧山尚也、岡崎賢: ミルウォーキーショルダー症候群に対しリバース型人工肩関節置換術を用いて治療した一例.  第44回日本肩関節学会,  東京,  2017/10
10. 大鶴任彦、伊藤匡史、吉本伸之: DISHに対する股関節“再”鏡視下手術の経験.  第9回関東股関節鏡勉強会,  東京, 日本,  2017/07
全件表示(13件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者