<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 小児科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   永田 智
   小國 弘量
准教授:
   鶴田 敏久
   平澤 恭子
講師:
   石垣 景子
   伊藤 康
助教:
   今井 薫
   伊藤 進
   衛藤 薫
   大谷 ゆい
   金子 裕貴
   鏑木 陽一郎
   岸 崇之
   佐藤 孝俊
   七字 美延
   島田 姿野

   清水 玲子
   立川 恵美子
   千葉 幸英
   中務 秀嗣
   拜地 愛子
   花谷 あき
   松原 健
   松丸 重人
   村上 てるみ
   吉川 陽子
■ 概要
東京女子医科大学小児科
東京女子医科大学小児科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 0  0 2 0 0  0 3  0 3  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. 伊藤進, 小國弘量:  重症患者のてんかん治療:障がいのある患者の日常ケアとプライマリ・ケア医の役割.  Progress in Medicine  37 (4) :453-457 , 2017.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 伊藤進:  治療方針の選択,遺伝の話.  小児てんかんのインフォームドコンセント入門  65-85.  医薬ジャーナル社,  大阪, 2017.7
2. 塚原富士子, 丸義朗:  ステロイドの作用機序.  小児科診療  407-412.  診療と治療社,  東京, 2017.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ITO Susumu, MATSUSHIMA Naho, OHTANI Yui, ETO Kaoru, OGUNI Hirokazu, NAGATA Satoru: Efficacy of continuous midazolam infusion for hyperthermia-induced seizures in Dravet syndrome.  32nd International Epilepsy Congress,  Barcelona, Spain,  2017/09
2. MATSUSHIMA Naho, ITO Susumu, OHTANI Yui, ETO Kaoru, OGUNI Hirokazu, NAGATA Satoru: Comparison of seizure outcome in patients with West syndrome after extremely low-dose adrenocorticotropic hormone therapy.  32nd International Epilepsy Congress,  Barcelona, Spain,  2017/09
3. YANAGISHITA Tomoe, ITO Susumu, MIZUOCHI Kiyoshi, SUGIMOTO Kei, OHTANI Yui, ETO Kaoru, TAKESHITA Akiko, HIRASAWA Kyoko, OGUNI Hirokazu, NAGATA Satoru: Two cases of narcolepsy with unique cataplexy mimicking epileptic seizures on the long-term video electroencephalography.  32nd International Epilepsy o,  Barcelona, Spain,  2017/09
4. 伊藤進, 松島奈穂, 大谷ゆい, 衛藤薫, 小國弘量, 永田智: Dravet症候群の有熱時発作に対するミダゾラム持続静注の有効性についての検討.  第59回日本小児神経学会学術集会,  大阪,  2017/06
5. 伊藤進: 難治性てんかんにおけるケトン食療法:本邦保険適応を受けた小児から成人までの実施に向けて.  第11回日本てんかん学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/06
6. 伊藤進: 小児てんかんの診断と抗てんかん薬の選択.  第120回日本小児科学会学術集会,  東京,  2017/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者